読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タナトスに似た欲動

またこういったことをせんとす

じりつ

人の感情を気にしすぎてつい自意識過剰になってしまう。

こういう性根はきっと、一生治ることはないと思う。

それでも、この歳になって、客観的に自分が「いやいや、考えすぎだよ」って言ってくれるようになった。

それにつれて、初対面の人ともなんとなく親しげな感じで話すことが辛くなくなった。

コミュ障がだんだんマシになってきている自分に寂しさを感じたりもする。

なんというか、人間が生きる時というは、実感しにくいけれど確かに積み重なっていて、どんなことでもだんだんと慣れてくるらしい。

自分はこういう人間だと思っていたことも、30を前にしてだんだん変化していることに気づく。

これが大人になると言うことなんだと、実感する。

とてつもなく嫌な感じだけど、これは抗うことのできない時間の力なんだろうな。

20代は、ホントに色々なことが変化していく。

特に、自分の半径10cm以内のことが、恐ろしいスピードで変化していく。

そのスピードになかなか慣れなくて焦ってばかりだ。

今だからこそはっきりとわかるよ。

20代が一番いい時期だなんてちっとも思わない。

こんなに辛いなんて、知らなかった。

このままだんだん、辛くなっていくのか、それともどっかでパアッと突き抜けるのか、まだわからない。