読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タナトスに似た欲動

またこういったことをせんとす

World's End Supernova

思い出の中にある楽しみが悲しみに変わっていることがある。

楽しかったはずの瞬間が、とても悲しい。

それは、自分が変わってしまったからなのだろうか。

それとも、はじめから楽しかった思い出なんて存在しなかったのかもしれない。

すべては錯覚で、それに気付くことができなかっただけなのかもしれない。

あの時、あの瞬間に戻れたら・・・・・・。

そんなことを考えても、悲しいだけなのだ。

すぎてしまった瞬間を、取り戻すことはできないし

それをとどめておくことなんて誰にもできない。

楽しかった思い出が、なるべくそのままのカタチでいつまでもつづくように願っていても、

すべてはいつか終わってしまうのだ。

どんなに楽しかった瞬間も、終わってしまった途端に、悲しみが忍び込む。

そう、すべてはいつか終わってしまうのだ。