読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タナトスに似た欲動

またこういったことをせんとす

飼い慣らされた犬

それは1ヶ月前のいつもとかわらない1日の終わり。僕は徐にコンポの電源をいれる。深夜の儀式。ヘッドホンをプラグに差し込む。耳が痛くなるくらいの音量で。踊る。遮光カーテンで夜の明かりを遮る。そして、僕は、踊る。コンポから洩れる光が、僕の影を怪しげに映し出す。闇とひとつになる。爆発的なギターのうねりと、ひとつになる。それは、深夜の儀式。


次の瞬間、僕は暗闇の中に放り出された。静寂の支配。ひとりになる。脳内を飛び回る金属音は消え去り、静かな寒気が僕の足元まで忍び寄る。


ヘッドホンが壊れた。


オーディオテクニカ馬鹿野郎。プロ用がなんで通常使用1年と4ヶ月で壊れるんだ。修理費用は8000円。はぁ、財布が寒い。(バリバリ)


それから1ヶ月。発狂寸前の僕と、17歳の僕が脳内同時多発テロ。額の上には速報テロップ。もうやだこんなくに。鳩を撃ち殺す夢の先に見えるのは暗闇。


ヘッドホンを直すのはしばらく諦めよう。イヤホンを買おうとおもうんだ。