読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タナトスに似た欲動

またこういったことをせんとす

Get yourself high.

ブログ

臼井義人さんが亡くなった。


いや、アニメや映画は、遺書や遺族の特別な意向がない限りこのまま続くだろう。


問題は、連載されているマンガの方だよ。


まだ、僕としんちゃんの年の差が、あまりなかった頃、僕は父親にクレヨンしんちゃんの単行本を買ってもらった。

11巻、今でもはっきり覚えてる。

テレビアニメとは違い、きわどい内容やブラックジョークが多く、当時の僕にはあまりわからないことも多かった。(寝室に置いてある、不味いフーセンガムとか 笑)

しばらく経ってからその意味を知り、単行本しんちゃんの「すごさ」を知ったわけだけど、初めて読んだ頃も、たくさん声を出して笑った。

給食当番でシチューを運んでいる時の、『前がみえねぇ』の顔(いまだに元ネタはわからない)や、カツアゲ小学生を真似する時の「いいもんもってるじゃね-か」→「いーもんもんじゃんじょん!!」という神翻訳。

さらに、カレーを食べてる時のヒロシが発した衝撃の一言、

『お前、人がうんこ食ってる時に、カレーの話すんじゃねぇ-!!!』

腹筋壊れるかと思った。

とにかく、テレビアニメとはもはや別のマンガといえるほど、そのギャグのセンスは秀逸で、もともと大人向けマンガだというのもうなずける。

(おそらく父親は、そんなことは知らずに買い与えたくれたのだろうけど)

今あの11巻はどこへ行ったんだろう。

ギャグマンガ家は、精神的に病みやすいらしい。

自殺だったのかな。

アニメのしんちゃんは続きます。

サザエさんだって、ドラえもんだってそうだもん。

だけど、単行本しんちゃんはの新作は、もうみれません。

だけど、まだ見ていない単行本は何巻もある。

少しずつ、集めたいな。

ご冥福をお祈りいたします。