読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タナトスに似た欲動

またこういったことをせんとす

映画をみました。

ブログ

昨日借りた映画

フルメタルジャケット

ダンサーインザダーク

フォレストガンプ



フルメタルジャケットはもう見てしまいました。なんせ3泊100円レンタルなので。


噂どおり、前半の鬼教官おもろいな-

両生動物のクソを集めたような汚い言葉の数々に何度笑ってしまったことか【笑】

しかしウィキペディアによれば、実際の海兵訓練では、それ以上の罵倒が行われてるらしい。

フルメタルジャケットのコンセプトはもちろん『反戦』だ。さらに、普通の青年が、人間兵器となり、戦争に送り込まれるまでの精神状態の変化もリアルに描かれている。

さらに、人間の持つ二面性……平和を望む一方で、極限状態でみせる残虐性もみることができる。

しかし、僕を含めた誰しもがこの残虐性を持っているのではないだろうか。

それは極限状態でなくても、時には目を背けたくなるような惨状を想像することがあるとおもう。

両親とのちょっとした喧嘩の隙間や、花火大会で黒山に遭難したとき、酒の臭いにまみれた汚い大人をみたとき。

実際には起こるはずがない妄想であっても、もしその時、ライフル銃を手にしていたら…?

FPSで相手をヘッドショットした時のあの爽快感はどんな偽善者でも認めてしまうだろう。

この至極ニュートラルな人間性が、主人公のヘルメットに書かれた「Born to kill」という言葉と、胸につけられたピースマークに、分かりやすすぎるほどに表現されているのではないだろうか。