読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タナトスに似た欲動

またこういったことをせんとす

不愉快なきもち

今日は、最近オープンした某大型ショッピングセンターに行って来たんですが、信じられない光景を見たので紹介します。

僕は靴屋のレジに並んでいたんですが、やはりかなりの混み様でレジの人もオープニングスタッフとしてバイトし始めたばかりで慣れていないのか、かなり遅く僕は早く進まないかなぁと少しイライラしていました。

そして、僕の前には2人、小さい子供を連れた母親が並んでいました。

まず、一番先頭に並んでいた人はレジで会計を済ませるとすぐにその場で(←まさにその混雑するレジの前で)2人の子供に買ったばかりの靴を履かせ始めました。

僕は、混雑する店内でとったその母親の行動に唖然としてしまいました。
しかし、その母親はさらに、子供達の脱いだ古い靴を持ち、やっと帰るのかと思いきやその汚れた靴を店員さんに渡し、「これ処分してもらってもいいかしら」と言ったのです。

僕が知らないだけかも知れませんが、靴屋で新しい靴をその場で開けてさらに古い靴を店員に渡すなんてことが果たして良いことなのだろうか。
はっきり言って僕はその一連の行動を非常識だと感じた。

しかし、それだけではなく、その次の子供連れの母親、つまり僕の前に並んでいた人は、自分の番が来ると急に、今買おうとしている子供用の靴を箱から取り出し、嫌がらせのようにその新品の靴を舐めるように調べ、「この靴汚れてるから変えてもいいですか」と店員に伝え、新たに持ってきた靴を更に丹念に調べあげ買っていった。

この混雑した状況、汚れといっても中古品を売っている訳でもないので大した汚れではない、ましてや子供用の運動靴。
さんざん後ろの人を待たせてまでするべき行動だっただろうか。

立て続けに同年代くらい子育てをしている女性のあまりにもKY(あえて使わしてもらうけど)な行動に遭遇してしまい、そんな親に育てられていく子供は一体どうなってしまうんだろうかという不安に襲われてしまい、その後はなんだか買い物を続けるのもつらくなってしまい予定より早く帰って来ました。

でも大人の科学の想像以上の楽しさのおかげで今はハッピーだ!!

1GBのmicroSDが1000円で買えたし、はっぴいえんどじゃ!!

でもちょっと将来が心配だなぁ。