読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タナトスに似た欲動

またこういったことをせんとす

フラッシュバック

恋愛とは麻薬のようなものだ。

これは、詩人の言葉ではなく、学者の言葉なのだ。

実際に、恋をすると脳に、ある成分が分泌されるそうだ。

ハマッてしまえば何度も追い求め、無くなると発狂しそうになる。

だんだんと慣れてしまえば、さらに強い刺激を求める。

常にあの娘のことを考える……。
叶わない恋を思い続けることほどつらい事なんてないんだ!!!!

しかし、僕は受験という更生施設によってあの娘のことを考えなくても生きて行けるようになったのだ。

だが、本当に恐ろしいのはフラッシュバックだ。

忘れていたはずの気持ちが、あるちょっとした刺激で鮮明に蘇る。



ちょっと見ただけで。

ちらっと、あの娘の顔を。

脚を。

ピンで止めた髪を。

少し癖のある目を。

くりくりした黒目を。

そしてあの娘の笑い声を聞いただけで、すっかり僕は恋に落ちてしまった!!!!(欧米の影響を受けた表現!!)

2度目の依存。

僕は抜け出す自信がない。

紫の煙が見えたのは、気のせいではなかったようだ。