読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タナトスに似た欲動

またこういったことをせんとす

地球は一つの共鳴伝導体

やっと羅生門見れました。
「藪の中」を映像化してるなんて知らなかった。
感想を書こうと思ったけど、何をいまさらって感じなのでやめた。

でも、やっぱり黒沢監督のすごさはしっかり感じた。

今の邦画に、黒沢監督の影響を受けてるのは一体どれだけあるんだろう。

洋画は、西洋画のように、画面に映る映像を、一枚の美しい絵として撮る映画が多い。(もちろんハリウッドのような商業映画ではないものに)

その一方で、黒沢監督は、あくまでも二次元である映画の画面を、まるで観客の周りに映像が広がっているような臨場感と立体感を与える撮り方をする。

どっちも素晴らしい映画の形だ。

だけど、現在の日本の映画はなんだか洋画の影響(特にハリウッド的な商業映画)ばかり受けてるのが多い気がする。

ま、簡単に二つに分けていいものかわからないのでなんとも言えないけど。

とにかく黒沢監督の映画、色々見てみようと思う。

JIM JARMUSCHの映画もっとみたいなぁ。
くだらん映画ばっか配給されるんだ。

ホントにみたい映画は東京とかでしかやらないし……。