読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タナトスに似た欲動

またこういったことをせんとす

曲ができた

誰とでも 寝てしまう君に 本気で好きだと伝えたら 君は笑って くれるだろうか 僕のすべてを 捧げたいよ 今は誰と会ってるのって 僕はなにも 言えないけれど ベッドの上の やらしい君を 想像したら 死にたくなるよ ぶち込まなくていい ただ話がしたいよ 夜が…

よくない

『痴人の愛』のナオミみたいな女の子だって思ったけど、そこにつっこむのも悪くないでしょ。 別に僕の人生なんて大した価値もないし、歳の離れた大人びた女の子にぐちゃぐちゃに丸めて捨てられるくらいがちょうどいいんじゃかなって。 それを拾った人が、100…

Replay

レコードが終わるたびに、また針を戻して何度も何度もおんなじ曲を聴いてる。 だって音楽が止まったらCUEしてた余計な感情がまたカラダを満たしてどうしようもない気分になるじゃん。 生きていけない、太陽出てる時間になにもできない。 いつまでも布団の中…

儚い、切ない、危険地帯

今何してるんだろーって普通の子だったら、飯食ってんのかなーとかお風呂入ってるのかなーとか別に連絡こないことで死にたくなったりしないけど、君の場合、僕以外にもいつだってかまってくれる男も女もたくさんいるから、女ならともかくさ、男と会ってんの…

夜を使いはたす前に果てそう

生産性のない恋愛に価値はない メンヘラとの違いはそこでしょ? 君の気を引くために、こうして溢れ出る言葉を 垂れ流して・・・ネットデブリ量産中の僕は デブった体を絞るために、断食してたり いつか君に会えるのだろうか? なんか会えそうだったけど、急…

ぶちこまなくていいから

現実の不足感を充足するために、音楽や映画や本やテレビや漫画を漁っているわけだけど、たった一人の女の子がそれをぶち壊す。 僕のすべてを破壊破壊破壊破壊破壊破壊破壊破壊破壊破壊破壊破壊破壊破壊破壊破壊破壊破壊するんだ。 君からの着信を待っている…

ぼくに歌はかけない

たった1秒だってじっとしていられないような女の子に恋をしている 秒針のようにせわしない君が、3秒だけ僕の相手をしてくれた その3秒で僕の世界は変わってしまった 君を好きになれば、生きていけないほどに 不安で押しつぶされてしまうことはわかりきってい…

じりつ

人の感情を気にしすぎてつい自意識過剰になってしまう。 こういう性根はきっと、一生治ることはないと思う。 それでも、この歳になって、客観的に自分が「いやいや、考えすぎだよ」って言ってくれるようになった。 それにつれて、初対面の人ともなんとなく親…

ちぢむ世界

世界がちぢんでいくいま君のすぐそばにいる人がきみの世界をちぢめていくぼくがそばにいた頃はふたりの世界は大きくていつも終わりが見えなかったのにいまはもう とても小さくなってしまった世界がちぢんでいく君はそれに気づいていないちぢんでいくここから…

面接 - あるいは(無知がもたらす予期せぬ結末)

決まりました、面接。 ここ1年くらいですっかり自尊感情が壊れてしまった自覚はあるので、面接に備えて運動(ランニング)でもして、心を正常な位置まで押し上げようかな。 ところで、自分に自信を持って行動できる人が結果を残す社会だなと思うわけです。 …

あうとぷっと・浮かれもーど♪

なんでまた突然、ブログを頻繁に更新するようになったのか? なんで、スマホのプランのこと、IMAXのこととか、誰に需要があるかもわからないハウツー系のブログを書いてるの? blog.boku-wa-kafka.com blog.boku-wa-kafka.com さらには、レジンアクセサリー…

センチメンタルな旅

はてなブログに移ってから死に関することばかり書いてきたけど、今日もまた。まぁ、別にわざわざそういうことが書きたくてやってるわけじゃないけど。 寝るまでのあの長くて暗くて手持ち無沙汰な時間になると、死について強く考えてしまう。 しかし、一方で…

私信 - MAILER-DAEMON:User unknown

こんなこと言いたかないけど、数年前から時間が止まったようなんだよ。 一日中別れ話を続けて、家からバイト先まで言い合いをしながら歩き続けて、そのまま電車に乗って金山駅徒歩5分のカラオケボックスでいつものように結局楽しくカラオケしてさ、僕はスピ…

A面で恋をして、B面でもっと・・・

つまりなにが言いたいかと言うと、愛とかいう不安定ですぐに壊れてしまいそうなものに依存するのは如何なものかという話なんだよ。 確かに、センスとかそういう曖昧な表現を使ったのがいけなかったのかもしれないけどさあ。 それでも、そこまで自分のパート…

満月だし、多少はね?

君の彼氏はダサい。 だって、DAOKOいいねって、君が言うならともかく、自分まで一緒になって「いいね!」してちゃダメでしょ。 僕だったらやっぱりKOJI1200の『ブロウ ヤ マインド』聴いてもそれ言えるの?って君にクギを刺すよ。 それに、僕はすでに、トー…

見通し:自問自答

この歳になって、人生の見通しみたいなものが見えそうで、とっさにフタをする。このまま、ああなってこうなって……って、安っぽい日本映画みたいに、次の展開読めちゃいそうだよ。それを必死でかなぐり捨てたくて、現状を壊そうと必死にもがいてる、つもりだ…

ある漫画の登場人物:自分は胃がんだと思い込む男の話

数日前から、胸が痛い。 数週間前から、呼吸が細い。 数カ月前から、身体がだるい。 数年前から、心が暗い。 このまま死ぬのだろうか。昔から恐れ続けてきた死が、もうすぐそこまで来ているような気がする。 身体のどこかは、もうすでに手遅れなほどに蝕まれ…

思い出に押しつぶされそう

昔から死ぬことを必要以上に恐れていたので、眠る時には真っ暗な部屋の天井を見つめながら、棺の中で死んでいる自分を夢想してえも言われぬ恐怖に戦慄していたのだ。 そして、いつの間にか朝がやってきて、「今日も朝を迎えることができた、でもいつかは死ぬ…

働きたくないでおじゃる

モノとか、サービスを売って利益を上げるってことに嫌悪感すら感じているよ。 お客さんは買う理由を探してるから、いかに気持ちよく買い物をしてもらうかが重要で、そのためにマーケティング手法と呼ばれるような、顧客の購買心理を理解して、それを利用した…

ガールズ&パンツァー劇場版が最高でした。

この記事は、まだガールズ&パンツァーを観たことない人にむけて、ガルパン楽しいよってことを伝えたくて書きました。思うままに書いてしまったので読みづらくなってしまいましたが、少しでもガルパンに興味を持ってもらえたら嬉しいです。 今思い返せば、ち…

永久も半ばを過ぎて、道はいっそう暗くなりにけり

大学生の頃にmixiで書いていた日記が出てきて、それをなんとなく読んでいたらなんだか落ち込んでしまった。 当時のクラスメイトのコメントも残っていて、あの頃は気づかなかったけれど、みんなが自分のことをおもしろがってくれてたんだなぁと初めて知った。…

バルト9のおもいで

実は先日、『フラッシュバックメモリーズ』を観に新宿バルト9へ行った際に、偶然石野卓球氏をお見かけしたのだ。突然の出来事にパニックになり、上映開始直前ということもありお声掛けすることはできなかった……その後、上映中は悩みに悩み(映画の内容はも…

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲

数年ぶり、しかも恐らく、初めてちゃんと始めから最後まで通して観たけどすごくいい映画だった。「『しんちゃんなのに』感動した!」なんていう安直な感想になりがちだけど、この歳になって観てると、本当によくできていて、色々なことを考えさせられる名作…

「世界平和度指数」から考える「戦争と平和」

「戦争と平和」はよくセットになって議題に挙がるものであるが、実際にこのふたつを対比的に捉え、論じることは可能であろうか。私は初めに「平和」とはなんであろうかを考えてみた。国際関係の講義の最初にも問われた問題ではあるが、結局その答えを講義の…

Don't Think

ケミカル・ブラザーズのライブDVDがすごい。一般的なライブDVDのようにステージを映しただけのものではなく、当日流れていた映像素材や、観客(個人が特定できるレベルで何人かの人が何度も映っている。笑)、照明演出が、文字通りフラッシュバックしてくる…

女は一日に二度死ぬ

朝、女は女に非ず。少女たちは時間をかけて女になっていく。毎朝、思春期の坂道を駆け下っていく。思い思いの男の顔を思い浮かべ、くっと真一文字に引かれた紅の上を、しっかりとした足どりで、しかしどこか儚く、歩いていくのだ。今日出会うすべての人に色…

台湾と日本

台湾と日本について、すこし考えてみた。長くなってしまったので、Twitterではなくブログに。こんなにも国をあげて(人口や物価比で計算すると、100億円という数字は、日本でのそれとは大きく価値が違う。)日本を支援してくれているのに、なぜ台湾との国交…

ジョゼと虎と魚たち

『ジョゼと虎と魚たち』をみました。ジョゼの初登場シーンで僕はジョゼに一目惚れをして、最後の最後までジョゼに夢中でした。ジョゼというキャラクターがとても魅力的で、あのキャラクターを実写として映し出せただけでも、この映画の価値は十分にあると思…

おんがくのはなし

僕、いま某CDショップで働いてます。毎日音楽に向き合えてる。色んな音楽を聞ける。今すごく楽しい。だけどいつまでもCDを売る立場でいるわけにもいかない。僕はバンドマンになりたいんだ。いつかは、自分の音楽が店頭に並ぶように頑張らないと。だから、OKA…

今夜は眠たくないし、かといってどこかへ行くあてがあるわけじゃない

死なない程度に傷つきたいと思い、ベランダに出てみるが、めちゃくちゃに寒いので部屋に戻った。とはいっても、僕には自傷癖はないし、外が寒いのも知っている。なんのために生きているのか分からなくなってしまった。将来に対して不安しかない。自分に才能…

無題(The Green Album)

おいらはバンドのセンターマンに相応しい顔面は持ち合わせていないので、やっぱり売れたかったら、かっこいい顔したギターボーカルでもみつけるしかないのかなあ。ってか、大学行かなくなってもう半年以上が経ったけど、大学に行く意味なんてやっぱりないな…

Would you give me the future?

孤独な老人のために本を揃えておくのは愚かなことだろうか。老人になる前に死んでしまうかもしれないのに。

World's End Supernova

思い出の中にある楽しみが悲しみに変わっていることがある。楽しかったはずの瞬間が、とても悲しい。それは、自分が変わってしまったからなのだろうか。それとも、はじめから楽しかった思い出なんて存在しなかったのかもしれない。すべては錯覚で、それに気…

あつかいにくいおとこ

なんとなく、カバーは悪という感覚がある。名曲を自分でつくってこそという感覚。でも一方で、人がつくった曲でもいい曲は演奏したいし、歌いたい。でもそれは邪道なんだろうなと思っていた。そういう風に考えてしまうのは、僕が成長してきた平成の音楽界に…

ハモったりホモったり

今日はバカみたいに路上ライブに遭遇することが多かった。どのバンドもバカみたいにハモってた。ハモるとウケるのは、オーディエンスは安易にハモりに感動してしまうものだからだ。ハモりをスピーカーを通してしか聞いたことがない人間は多い。それが、生身…

ちゅーにびょう♪

頭がいたい こんな夜に 雨がふっていたら まともな言葉でもかけるような気がするのに いつもどおりの熱帯夜で 寝苦しい 眠れない だから僕は 間違ったことをする 後悔した時には もう遅いような そんな気がするもうすぐわかる 僕がしたことが 間違っていたの…

Soul of どんと 2010

「胸が詰まる」という言葉を、身をもって体験した。普通、人はどんな時に「胸が詰まる」のだろうか。一般的な定義としては、(1)食べた物が胸につかえる。 (2)感情が高ぶって胸が一杯になる。胸が塞(ふさ)がる。 三省堂提供「大辞林 第二版」よりとなっている…

夢診断 -イントロダクション-

忘れてたけど、そういえば禿げる夢を見た。禿げることが夢の中での主題ではなくて、なにかの拍子に自分の後頭部を見る場面があって、自分の後頭部が禿げてるのを知った。夢の種類としては、夢の中で夢だとわかるようなのではなく、起きた後に安心出来るよう…

トイストーリー論

ライムスター 宇多丸の映画評論コーナーが的確かつわかりやすくておもしろい。http://www.tbsradio.jp/utamaru/cinema/index.htmlここで語られている、トイストーリー3評論が、僕の言いたいことを全部言ってしまっているので、改めて評するのはやめた。特に…

中島らも

今日は、中島らもの命日です。らもが死んでから、6年が経ったそうです。 僕が中島らもを知ったのは今から4年前、17歳の時。きっかけはオーケンの小説だった。オーケンのエッセイではなく、小説。表紙を開いてすぐ、『この本を中島らもさんに捧げます。』と…

さくらの唄

昼夜逆転生活になっている今日この頃。深夜に読んだ『さくらの唄』がそうとうきつかった。僕がさくらの唄を知った理由は、峯田和伸の影響だ。彼のバンド、Going Steadyのアルバムタイトルとしても使われている。国分寺の超山田堂に行ったときに見つけたので…

精神的童貞の唄

twitter対策で、意味のない記号を入れてます。 .................................. .............................................. ................................................ ............................................... さくらの唄、やば…

神戸らもてん

明日は、というか今日か。今日は神戸に行きます。中島らも七回忌回顧展に行きます。トークショーの聴講券も取れました。どんな雰囲気なのか、想像もつかない。ただなんとなく、行かなきゃ!という使命感だけで決めたような気がする。僕が好きになったときに…

自慰形式の弁証法

僕:いまね、すごく僕の部屋ってキレイなんですよ。 できることなら、自分の部屋を中心にして生きたいなって思うんです。 お気に入りのMacBookをね、キレイな机の上においてね、そこにちょっと高い椅子なんかを買って腰掛けてさ。 そこから、学校に行ったり…

下北沢音楽祭

今日(土曜日)は、下北沢音楽祭に行きます。下北沢は約1年ぶりだなぁ。下北沢音楽祭は、今日で4日目になるみたい。昨日(金曜日)は、関東七大学音楽祭っていうのをやってたみたいで、すっごく行きたかったけど、色々予定があったので行けなかった。今日…

愛をひっかけるための釘

なぜ女の子は恋をするのか?「恋」と純粋に呼べる様な感情を持てるのは女の子だけであって、それが、生物学的にみて雌が優性遺伝子をもつことの証明になるとはいえないだろうか。また、「愛する」という動作の主体は男じゃなきゃいけないような気がする。「…

テストのため再ポスト

ミシェル・ゴンドリー監督の短編映画「インテリア・デザイン」をみました。これは『TOKYO!』という、フランス・日本・ドイツ・韓国合作によるオムニバス映画の中の作品。あのミシェル・ゴンドリーが東京を撮るだなんて、そんなステキなことがあるんだ!と感…

諸行無常 是生滅法 生滅滅已 寂滅爲樂

素晴らしい文化が栄え、平和そのものを象徴するような生活が行われていたというポンペイの街が、火山の噴火によって一瞬のうちに灰に飲み込まれ、跡形もなく消えてしまったように、平成の大帝国「ゆらゆら帝国」が解散してしまった。 ……なんでポンペイを例え…

twitbackrを導入してみた

さっき、twitterで、アメブロはtwitterとの相性が悪いのか?ってかいたけど、そんなことなかった(笑) デザインなんかをいじればいくらでもどうにかなりそう。 そのなかでも、ブログの更新をtwitterに自動で投稿してくれるサービスを試してみる。 というわ…

字数制限のない喜びと難しさ

父親もやっぱり死にたくないとか思うのだろうか。 死の恐怖に怯えるのだろうか。 僕らに比べて、父親にはブログもtwitterもないし、妻にそんな話をすることだって出来ないだろう。 大人というプライドが邪魔をして、誰かに甘えるなんていうことが出来るよう…